拘ったマイホームを建てる|デザイン住宅が好評

つみき

個性のある家が人気

積み木

新しく建てられている新築住宅や、展示場のモデルハウスを見ますと、構造面や機能面がクローズアップされている家が増えています。家にオリジナリティを求めている人には少し物足りなく、最近は注目なのがデザイン住宅です。デザイン住宅は、業者任せではなく、費用も含めて依頼者との共同作業で進める事が大切です。

オンリーワンな住宅造り

ウーマン

最近、デザイン住宅というキーワードがよく出てきます。他にはない住宅づくりに人気が高まりつつありますがデザイン住宅づくりにしかないメリットがあるのです。暮らしを第一に考えた空間を安心に安く賢く建てられること、これこそがデザイン住宅づくりの醍醐味といえそうです。

予め知っておきたいこと

住宅

デザイン住宅を依頼する上で建築家選びは大事になってきます。建築家は設計を行う専門家ですが、監理能力も大切です。そして、工務店にこだわりを持っているならその理由についても確認しておきましょう。ですが、最後は人と人なので相手との意思疎通を十分に取れるかがとても重要になってきます。

生活環境に合わせた住宅

一軒家

規格化住宅にはない魅力

デザイン住宅とは設計事務所によるゼロから設計して建てる住宅のことです。例えば、ハウスメーカーの場合ある程度決められた規格の中から建てたい住宅を選んで造ることになります。一方、設計事務所に設計依頼すると、土地に合わせてゼロから設計を行い住宅を建ていきます。そのため、規格化された住宅にはないこだわりの住宅を建てることができるのです。デザイン住宅の魅力は生活環境を考えた設計ができる点です。設計事務所による設計は予算や法令等を除いて特に制限がないので工法等を自由に選ぶことができます。そのためおしゃれな住宅を作ることもできます。ですが、重要なのは住む人の環境や生活スタイルを第一に考えて住宅を造ることです。取り扱う資材や間取りなどを住む人に合わせて設計できることがデザイン住宅造りの魅力といえます。他にも、土地に合わせてゼロから設計することで狭小地や傾斜地のような変形地にも対応して設計することもできます。ハウスメーカー等ではある程度規格が決められているため変形地に対応できないことが多いものです。その点、設計事務所であればこういった変形地を利用して建てることができます。また、変形地を安く買って建てることで総費用を抑えれることも魅力といえます。また、設計事務所は依頼した工務店の施工段階をチェックする監理という業務を行っています。設計・施工を同じ業者が行うと監理はほとんど意味をなしません。ですが、設計事務所は第三者の立場から監理を行うため施工ミス等のリスクを防ぐことができます。これも、デザイン住宅を造ることで得られるメリットといえます。